新型コロナウイルス感染症対策|横浜市 鶴見区 内科 訪問診療 循環器内科 糖尿病内科 漢方内科 プラセンタ療法

医療法人社団友輝会ひのわクリニック鶴見
訪問診療

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策につきまして

平素は医療法人社団友輝会の在宅医療の取組みにつきましてご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。
昨今、感染拡大している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の特徴や感染拡大予防対策につきましてお知らせさせて頂きます。

1.新型コロナウイルス感染症(COVID-19)につきまして
これまで人に感染するコロナウイルスは6種類とされていましたが、SARSコロナウイルス(SARS-CoV)と同じベータコロナウイルス属に分類され、新たに発生したウイルスと最近の研究で報告されております。
感染経路としましては飛沫、接触感染によって人から人に感染すると考えられており、症状と病態の特徴としましては、感染から発症までの潜伏期間は約1〜14日ぐらいと考えられ、主に発熱(体温37.5℃以上)、のどの痛み、鼻水・鼻づまり、倦怠感(だるさ)、呼吸器症状、味覚・嗅覚障害、無症状の方もいらっしゃいます(軽症者約8割と報告されております)。
その後、呼吸器症状が持続することが多く、呼吸苦を訴える方が多い事が特徴とされています。一般の風邪やインフルエンザ等は通常3〜4日までが症状のピークでその後改善傾向がみられますが、新型コロナウイルスは症状が長引く事が特徴です。最悪呼吸不全が急速に進行し肺炎による合併症がおこり重症化する事例もみられます。
高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患)など基礎疾患がある方や、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等による治療を受けている方の場合は、重症化しやすい為注意が必要です。

2.感染拡大予防対策につきまして
医療法人社団友輝会の予防対策としまして、下記の予防対策をしております。
@スタッフ全員毎朝検温を行い、37.5℃以上の発熱やのどの痛み、咳、倦怠感(だるさ)といった症状が少しでもある場合は自宅待機としております。
A院内について空気の入れ替えによる換気や、空間アルコール消毒を徹底しております。
B研修会を含め、多くの人が集まる集会等の参加はしておりません。但し、必要な会議等につきましては書面のみ等、人と人が密集しないように3密[密閉空間][密集場所][密接場面]を避けて予防対策を考え行っております。
C感染拡大や学校等休校により、出勤困難なスタッフが増加した場合は、在宅医療で管理させていただいております患者様について、患者様の状態が比較的安定している方へお声掛けをさせていただき、訪問回数を減らすなどのご相談をさせていただく事がございます。
D万が一かかりつけ医が感染した場合は、代わりの医師による診察等をご相談させていただくことがございます。
E訪問診療時の際、お手洗い場をお借りし、手洗いを行いその後アルコール消毒してから診察に入らせて頂きます。その際、お手洗い場をお借り頂く事や、感染症対策アイテムのキャップ、ゴーグル、マスク、グローブ、ガウン、フェイスシールド等の仰仰しい面も診察時に出てくるかと思いますが、何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。

3.患者様・ご家族様へのお願いにつきまして
@診察時は患者様ご家族様におきましても、極力手洗いや咳エチケット、並びにマスク着用のご協力をお願い致します。
A新型コロナウイルス感染症において、行動範囲も制限されるかと思いますが、自宅等での適度な運動も心掛けていただきますようお願い致します。

4.新型コロナウイルスを強く疑う患者様につきまして
@外来の患者様につきましては、直接来院せず、受診する前に「帰国者・接触者相談センター」へ電話によりご相談ください。ご協力のほど何卒宜しくお願い致します。
A在宅医療で管理させていただいております患者様につきまして、まずは当院へご連絡下さい。
医師にて状況を確認させて頂き、その後迅速な対応をさせて頂きます。
下記症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」へご連絡させて頂く事がございます。

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
※高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)など)がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)


B【帰国者・接触者相談センターでの対応】
帰国者・接触者相談センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。


尚、帰国者・接触者相談センターでの相談後、新型コロナウイルス感染症以外(インフルエンザ等)の病気と判断された場合は、引き続き当院にて対応させて頂きます。

5.関係各所のご連絡先につきまして

【横浜市にお住まいの方】
〇横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンター
電話番号:045-550-5530
受付時間:9時〜21時まで(土日・祝日も実施)

【川崎市にお住まいの方】
〇川崎市新型コロナウイルス感染症コールセンター
電話番号:044-200-0730
受付時間:8時30分〜17時15分まで(土日・祝日も実施



尚、上記ご連絡先に繋がらない場合は下記ご連絡先へ。

〇神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル
電話番号:045-285-0536
受付時間:9時00分〜21時00分(平日及び休日とも)

又は

〇厚生労働省の電話相談窓口(コールセンター)
電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分〜21時00分(平日及び休日とも)

PageTop