理事長・院長あいさつ|横浜市 鶴見区 内科 訪問診療 循環器内科 糖尿病内科 漢方内科 プラセンタ療法

医療法人社団友輝会ひのわクリニック鶴見
訪問診療

理事長・院長あいさつ

nomoto

理事長・院長 野本 文子
医学博士・内科認定医・循環器専門医
・東京女子医科大学医学部 卒業
・東京女子医科大学 循環器内科
・仙台循環器センター 循環器内科
・横浜医療センター 循環器内科
・東日本循環器病院 循環器内科
・太田総合病院 内科
・横浜総合病院 内科

所属学会
日本内科学会/日本在宅医学会/日本緩和医療学会/
日本糖尿病学会/日本東洋医学会/日本循環器学会

ごあいさつ

小さな体調の変化が、病気の初期症状であることがあります。でも気にとめるほどでもなく、病院に行くかどうか迷う事もあるものです。 ”病気”を診る、声を聞き逃さない、という姿勢でお話をよく伺い、きめ細かい温かい治療を心がけて参ります。 ”病院に行くほどではないけど、少し心配”なことを相談して頂ければと思います。

地域に根ざした信頼されるクリニックとして職員一同、努力して参ります。
また当院は訪問診療を行っています。すべての方が住み慣れた環境の中で家族に囲まて過ごすために、最善な方向へ進める道しるべとなり、 寄り添いお手伝いをします。
今後、在宅療養支援診療所として、医療と介護との緊密な連携をとりながら、地域医療に少しでも貢献できるよう、日々努力して参ります。      院長  野本 文子

PageTop